ヘルパー免許を得る

高校に入った時点で進学先が衛生ヘルパー科だと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最速でヘルパーになれるでしょう。

ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは大変です。

それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあります。

修学旅行やツアーなどに一緒に行って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をするヘルパーもいます。

既婚で子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。

病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定ヘルパーや専門ヘルパーの資格があると、採用されやすくなります。

昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であってもヘルパーのニーズは増加傾向にあるのです。

それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにもヘルパーがいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しております。

このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。

ヘルパーの勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても違ってきます。

職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれている場合が多いでしょう。

2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。

しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望むヘルパーも多いです。

ヘルパー免許を得るには、何通りかの道すじが挙げられます。

ヘルパー免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、突然、試験を受けることは認められていません。

試験を受けるためにはヘルパー専門学校(3年間)、ヘルパー系の短大(3年間)、ヘルパー系の大学のいずれかに通い、ヘルパーに関して学ぶことが必要だというわけです。

ヘルパーの当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。

国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。

働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、長続きしないヘルパーが多い理由の一部かもしれません。

ヘルパーが上手く転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動を起こす必要があります。

さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくのがオススメです。

将来の自分をはっきり想像して、その希望に沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。

給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も考慮しておきましよう。

ヘルパー国家試験に合格するよりも、むしろ、ヘルパー学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。

ヘルパー学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。

それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひヘルパーとして、現場に出て欲しいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク